カウンセリングをお受けになる前に

カウンセリングとは、個人(カップルもしくはグループ)が人生を歩む中で自分にとってより良い選択をしたり、直面している問題を自分自身が解決する為に必要となる能力や気づきを育む為の一つの手法です。カウンセリングが自分を見つける為の「旅立ち」だとすると、クライアント様は旅行者で、カウンセラーはツアーガイドの役割を担います。初めての旅行の計画を立てる時と同じ様に旅行者とツアーガイドはまず、目的地を決めるための相談をし、目的地を決めます。目的地が決まると、次は旅行の日程を決めます。のんびりと旅行を楽しみたい場合、あるいは時間がなく超特急で回りたい場合、と日程は様々です。ツアーガイドは常に旅行者の意見を聞きながら目的地まで旅行者を導きます。

カウンセリングの流れ


カウンセリングを受ける決心がおつきになったら、まずお電話かメールでご連絡ください。ご連絡を頂いた跡に、メール、もしくは郵送で資料をお送りします。

資料をお読みになって、カウンセリングをお受けになる場合には、ご予約をメール、もしくは電話でお願い致します。

ご予約は、初回はカウンセリングの説明、あるいはクライアント様のご質問にお答えするための時間が必要になりますので75分ほどの余裕を持ってお越しください。個人の自宅でカウンセリングを行っておりますので、クライアント様同士が会わないように十分な時間を各セッションの間に設けてありますが、遅れて。みえるとその分、セッションの時間が短くなってしまう事があります


初回のセッションであらかじめの目標を立てます。初回で問題解決をされる方もいらっしゃいますが、多くの場合、数回のセッションが必要となります。セッションの回数の目安は初回時にカウンセラーにお尋ねください。例:ブリーフ・セラピー:通常5回で一つの問題解決のための糸口を導く方法です。長期セラピー:最長1年半を目途に自己改善を目標とする方法です

セッションは、できれば定期的にお越しいただくほうが効果が上がります。セッションが始まると、今までとは異なった感じ方や考え方、あるいは「なりたい自分」が定着するまでの間、辛かったり、落ち込んでしまったりすることがあります。これは、一時的なことですが、セッションの予定日の前に「辛くなりすぎた」とお感じの場合にはご連絡いただければサポートを致します。

セッションの終結をお決めになるのはクライアント様の権利ですが、通常、終結はクライアント様とカウンセラーが相談をしながら終結の準備をしながら進めます。
なお、セッション中にカウンセラーが危険を感じる行為があった場合には、カウンセラーが一方的にカウンセリングを終結する場合があります。